無駄な投資を避ける

投資によっていくらかの利回りが得られるのであれば、常に何かに投資をしている方が良いと考えるのは自然なことでしょう。理論的に言えば、保有していない期間は利益を得ることはできないのですから、ずっと保有しておくほうが良いと考えるのは当たり前なのですが、理論通りに行かないのが相場の世界です。理論的にはうまく動くことはありませんから、不要なときに持っている必要はありません。相場で勝つための心構えは、勝てるときだけ買うことです。プロと素人とを比較した場合、実は素人の方が有利な面は多くあるという点に注意しましょう。プロは、常に利益を出さなければなりません。どれだけ相場環境が悪くても、利益を追求していかなければならないのがプロです。しかし、素人はそうではありません。素人は、相場環境が悪いときには、何もしないという選択肢をとることができます。プロにはこれができないのです。ここが最も大きな違いです。ですから、勝てそうもないときに、無理をして投資をするのは、無駄にコストを投じているのと同じです。利益の出ない事業に資金を投じる経営者が以内のと同じように、利益の出そうにはない銘柄に投資をするべきではありません。個人投資家は、それができるというメリットがあります。これを最大限に生かす駅でしょう。また、勝っているときや負けているときには無駄な投資をしがちです。大勝ちすると冷静に判断できずに強気になってしまって、本来なら買わないようなものにまで手を出してしまうこともあり得るでしょう。大勝ちしたときこそ慎重になるべきです。また、大負けしたときにも慎重になるべきで、取り戻そうとして無駄な投資をしてしまいがちですから注意しましょう。