ギャンブル

投資とギャンブルにはとても大きな違いがあります。どちらも、その結果を予測するのが難しいという特徴はありますが、ギャンブルはより予測できない結果になりやすいと言えます。投資を行う場合、その対象や目的などを選ぶことが出来ます。経済の状態によって、その対象物の有効度が変わってきます。数年先の経済状況や、科学の発展状況、国際的な問題を予想することにより、それが上手くいくかをある程度左右させることが出来るのです。そして、投資の世界で生きている人たちにとって、それは出来て当然の事なのです。一方、ギャンブルの予想はとても単純であると言えます。基本的に、ギャンブルにかかわる要因となるものはとても少なく、その多くが確率によるものです。確率を操作することはとても難しく、それを行うための知識も狭いと言えます。もちろん、競馬などの確率だけが判断基準ではないギャンブルも数多くあります。競馬であれば、馬の体調や旗手の能力等、考慮する点は多いでしょう。知識によって判断を下せる、という意味ではギャンブルの中でも賭に依存する要素は少ないと言えます。しかし、それでも投資とギャンブルは同じではありません。最終的に、ギャンブルは勝つか負けるかの予想が出来ないのです。競馬にしても、確実に勝てる、そんな状態になることはあっても非常に稀である、と言えるでしょう。一方で投資はそれが可能です。歴史や経験などから判断することにより、未来を完全に予測できていれば、それはギャンブルではありません。賭けにはならないのです。最終的に、投資とギャンブルを長期で続けた場合、利益を出しやすいのは投資であると言えるでしょう。投資は、知識と経験が重要で、本来、賭けに出るものではないのです。